大淵裕昭の子供の時になりたかった職業は?

大淵裕昭さんは、有名製菓学校に通い製菓衛生士の資格を取得するほど、幼少期からお菓子作りが大好きだったようです。甘いマスクのイケメンのパティシエとしても成功していたでしょうね。お姉さんがいるそうですが、お姉さんよりもお菓子を作ることが好きだったのだから本当にお菓子つくりが好きなんですね。高校生の頃になると、ケーキ屋さんでバイトをしたかったそうですが、ケーキ屋さんは朝が早いため学校に通いながらでは難しいということで、飲食店でバイトをしていました。

お小遣いを稼ぐというよりも、料理の勉強をして少しでもパティシエになるための役に立てたいと思っていたそうです。一番長く働いたバイト先は、ハンバーグ屋さんです。バイト代は、お母さんが管理して自由に使えなかったそうですが、お母さんは結構きちんとした方なのかなという感じですね。因みに、好きな食べ物は、ベイクドチーズケーキとカルボナーラです。

普通、男性だったらチーズケーキと言うところを細かくベイクドチーズケーキと言うくらいお菓子が好きなんですね。子供の頃は、母親といつも家でお菓子を作っていました。製菓学校卒業後は、パティシエとして働いていた時期もあったそうです。デビュー後もブレイクするまでは、パティシエの仕事もして頑張っていたんですよ。DVDや、雑誌の特集などでは、白いコックコートを着て、真剣な眼差しでお菓子を作っている姿も披露していますが、イメージに合い過ぎですね。芸能界のお仕事をするようになった現在でも、疲れていても家に帰ってくるとお菓子を作って気分をリフレッシュするのだとか。しかも、作ったお菓子を仕事でお世話になった人や、女性にプレゼントして、驚かせるのが好きというくらい人に喜んでもらうことが好きなんですって。

現在では、オリジナルのスイーツレシピを紹介するなど、スイーツ王子としてもバリバリ活躍していますね。単にお菓子を作るのが好きというキャラではなくて、実際に2年間も働いた経験がある本格派というところが説得力があって本物を感じさせてくれます。特技がお菓子作りということと、きれいな顔立ちのせいで、おねえっぽいと言われることもありますが、お菓子作りの仕事は腕力など体力がないとできない仕事です。だから、運動音痴と言われながらも戦隊ものの役もこなすことができるという訳です。

大淵裕昭の好きな映画は?

大淵裕昭さんはイケメンの人気俳優として活躍される一方で、名古屋を中心とする中京エリアを発祥とするあるローカルユニットのメンバーとしてもご活躍されているマルチタレントさんなのです。大淵裕昭さんはかなりのイケメンタレントさんで、元パティシェというすてきな経歴の持ち主です。それだけでも何だかとてもカッコいいですよね。

そしてこの方はスイーツを作りながら歌って踊るというとても斬新な新感覚のスイーツ王子としてブレイクを果たされました。例えば、ある失恋のショコラなどのテーマの作品がある人気漫画家さんが作詞され、大淵裕昭さんがスイーツのレシピを作るといったコラボで話題になった第5弾シングルDVDなども発売されたりし、そのご活躍にますます注目が集まりました。

そんなこの方は俳優デビューもされており、これまで映画などにもご出演され、舞台やドラマなどでも主演されるなど大活躍してこられました。そんなこの方どんな映画が好きなのでしょうか。

その点については、実はこの方にはちょっとだけスキャンダルチックな噂があったのです。なんでも、ある映画の撮影でいっしょになった女優さんにメロメロになってしまったということだったのです。

もちろんこの方の事務所は恋愛はNGというところなのでうわさに過ぎないといわれているのですが、それだけこの女優さんが魅力的だったということですよね。それまでは、料理などがお上手ということから女子力が高く、もしかして…といったかんじの疑惑のようなものがあったといわれているのですが、その女優さんの存在によってこの疑惑は払しょくされたといわれているのです。

その女優さんがご出演している映画などが好きな映画と言えるのではないでしょうか。確かにとても可愛くて愛らしい女優さんですよね。
以前合ったインタビューで大淵裕昭さんの好きな女性のタイプは笑顔が素敵で、ご自分の知らないことをたくさん知っている人だとおっしゃられていました。現在も彼女はいらっしゃらないということです。

この方はかなり素敵なイケメン王子キャラの人気俳優さんですよね。ある子供向けのヒーロードラマにご出演されていた時と、ある料理サイトで料理を披露されていらっしゃるときやバラエティーの時など、全然違う表情をされます。本当に振り幅のあるタレントさんですよね。また、歌もダンスもお上手ですし、プロ並みという料理やスイーツづくりなどの特技を活かされながらこれからもご活躍していただきたいですよね。

大淵裕昭の好きなミュージシャンは?

大淵裕昭さんは1983年生まれの滋賀県出身の俳優・歌手・タレントさんです。身長171センチで、ある美少年コンテストに応募したことがきっかけで芸能界入りを果たされました。この方はかなりイケメンということで、女性たちにとても人気があるタレントさんです。あるユニットのメンバーとして、現在も忙しくご活躍されておられます。

そんな正統派の美形のイメージとは逆にいろいろと伝説的なエピソードなどが多く存在するといわれていますが、この方はある舞台で初出演されて主演デビューされ、その後、映画初出演を果たされました。2009年にはドラマ初出演、そして2011年にはあるヒーローもののドラマでレギュラーに抜擢され、さらに注目されるようになりました。その後、2013年の映画で初主演を果たされ、それ以後も様々な話題のドラマに出演されています。

そんなこの方は2011年5月にあるシングルでCDデビューされています。歌手としてデビューされていらっしゃるということで歌もお上手なんですよね。歌手としてもご活躍されてこられた大淵裕昭さんですが、ご自身は元パティシエという経歴で、スイーツづくりがかなりお上手なんです。ある企画では、元パティシエという経歴を活かして別々のスイーツから組み合わせて新しいスイーツを作るというハイブリッドスイーツにもチャレンジされました。

さらに、2013年からレシピサイトのクックパッドで大淵裕昭のキッチンという料理投稿をスタートされています。
ドラマも映画も、音楽もしたいし、特技でもある料理もしたいと様々なことに対して前向きに取り組まれているこの方はやりたいことがめちゃくちゃ多いとご自身でも話しておられました。

そんなこの方の好きなミュージシャンについては公式では発表されていなかったのですが、この方は以前、韓国に行かれ、ずっとずっとみたかったとおっしゃられている世界最高のあるクッキングパフォーマンスをご覧になってこられたそうです。その時は自然と涙でてかなり感動されたとおっしゃられています。

ご自身もキッチンで歌ったり踊ったりされながらパフォーマンスをされているので、その時には追い付け、追い越せの精神でもっと頑張ろうと思われたとおっしゃられていました。そのため、歌ったり踊ったりされながら料理パフォーマンスをされている韓国の料理タレントさんなどのアーティストのファンといえますよね。

歌もお芝居も料理も一つひとつできる範囲でされたいということをおっしゃられていた大淵裕昭さんからこれからも素敵なインスピレーションを受けたいですよね。

大淵裕昭の尊敬している人物は?

大淵裕昭さんは、高校を卒業してパティシエとして働いていた時に、俳優になる夢を捨てきれずにオーディションを受けて見事合格。仕事を辞めることになった時に先輩から「芸能界も厳しいところだろうけど、へこたれるな」と言ってもらったそうです。現在でもその先輩の言葉が大淵裕昭さんの支えになっているそうです。尊敬できる存在がいることで、大淵裕昭さんは常に成長を遂げているようです。

尊敬という言葉は使っていませんが、母子家庭で育ててくれたお母さんの存在は、大淵裕昭さんの人生の中でかなり大きいものとなっています。そもそも、製菓学校に通うきっかけとなったのもお母さんが「お菓子作りはちゃんと勉強しないと」と言っていたことと、お母さんとのお菓子作りによるものです。苦労しているお母さんの姿を見て育った優しい人なんだなと、大淵裕昭さんを見ていると伝わってきますよね。

また、人に喜んでもらいたいという優しいサービス精神もお母さんの躾や教育がしっかりしているからですよね。イケメンでスイーツ王子だと嫌味な感じになりそうですが、全く嫌味に感じさせない自然体な感じは、母親を尊敬できないと成立しません。ライブには毎回お母さんが来てくれるなど、若くして親孝行ができるなんて中々できることではありませんよね。

大淵裕昭さんの尊敬している1人に、男性の俳優さんがいます。芸能界に入る前から尊敬していたそうです。そんな尊敬する俳優さんが、座長を務めていた2012年の舞台でにすでに、一緒に仕事をしています。尊敬する人と一緒の舞台に立てるなんて大淵裕昭さんは、幸せ者だと思いませんか。他にも、有名なバンドの方など影響を受けている人は多いようです。

大淵裕昭さんは、芸能界で挫けそうになっても、尊敬できる芸能界の先輩に会う機会に恵まれると、もっと頑張ろうという気持ちになれるとブログなどで熱く語っていらっしゃいました。

大淵裕昭さんは、よくライブでファンの笑顔を見るだけでも、勉強させられることがあると尊敬の念を抱いています。作り笑いではなく、心の底から笑ってくれているファンを見ると、謙虚に頑張ろう、もっと成長したいという思いが高まるようです。笑っている女性の表情が好きだと言っている大淵裕昭さんらしいエピソードですね。

大淵裕昭さんの素直に尊敬できる存在を認め、頑張る姿は多くのスイーツ女子や主婦を虜にしてしまいます。これからどんな役を演じたり、スイーツのレシピを考案してくれるのかとても楽しみな存在ですね。

大淵裕昭の休日の過ごし方は?

大淵裕昭さんは、休日なるとやっぱりお菓子を作っているそうです。休日でなくても仕事帰ってきて疲れているような場合でも、お菓子を作るくらいお菓子作りが好きなようです。お菓子作りだけでなく、料理も10代の頃からバイトで包丁を握っていたので、パパっと作れるようです。

料理が苦手な人からすると、疲れている時にわざわざ台所に立つなんて信じられないことですが、料理をすることで逆にリラックスしたり、想像力が増すことってあります。きっと大淵裕昭さんの場合も、お菓子作りや料理をすることで、余計なことを考えないで、没頭できるため、良い気分転換になっていると言っています。それに、元々サービス精神旺盛な性格なので、作ったものを誰かに食べてもらって喜ぶ顔を見たいと思ってしまう優しい面も見え隠れしますね。

しかも、お菓子作りに至っては、高校卒業後にお菓子の専門学校に通って、製菓衛生士の免許を取り、2年間パティシエとして働いていた経歴があるので言わずもがなです。アポなしで突然やってくる芸能界のお友達のために、「そろそろ来る頃だと思った」と、つまみを用意していたこともあったと聞くと、本当に料理が好きなんだなって思います。

でも、よく考えると、仕事でも歌って踊りながらスイーツを作るライブが話題になっているなど、仕事でもお菓子を作っていますよね。それくらいお菓子作りが好きだということだと思います!きっと、休日にお菓子を作りながら、子供と一緒に作れる簡単なレシピを考えることで、気分をリフレッシュしているんでしょう。唯一食べられないバナナを使ったスイーツのレシピを発表するなど仕事に活かされているようです。ネットでは、現在50ものレシピが公開されていますが、どれも簡単で誰でも手軽に作れそうなものばかりです。

また、休日に関係なく朝起きたら半身浴をよくしているようです。だから、顔がいつ見てもスッキリしているんでしょうね。

大淵裕昭さんは、まとまった休みが取れた場合に、海外旅行に行くのも好きなようです。中でもハワイは、パンケーキが美味しくて最高だったそうです。しかも、朝は早起きをして食べに行ったとか。他にも、色々な国に行った時に、地元のスーパーで調理器具や調味料などを買い込むのが好きだと発言していたので、きっと各国料理を自宅のキッチンで作ることもあるんでしょうね。

食べ歩きも好きだということなので、フラッと休日や仕事の合間に気になるお店をチェックして食べに行ったりしているみたいです。