大淵裕昭の休日の過ごし方は?

大淵裕昭さんは、休日なるとやっぱりお菓子を作っているそうです。休日でなくても仕事帰ってきて疲れているような場合でも、お菓子を作るくらいお菓子作りが好きなようです。お菓子作りだけでなく、料理も10代の頃からバイトで包丁を握っていたので、パパっと作れるようです。

料理が苦手な人からすると、疲れている時にわざわざ台所に立つなんて信じられないことですが、料理をすることで逆にリラックスしたり、想像力が増すことってあります。きっと大淵裕昭さんの場合も、お菓子作りや料理をすることで、余計なことを考えないで、没頭できるため、良い気分転換になっていると言っています。それに、元々サービス精神旺盛な性格なので、作ったものを誰かに食べてもらって喜ぶ顔を見たいと思ってしまう優しい面も見え隠れしますね。

しかも、お菓子作りに至っては、高校卒業後にお菓子の専門学校に通って、製菓衛生士の免許を取り、2年間パティシエとして働いていた経歴があるので言わずもがなです。アポなしで突然やってくる芸能界のお友達のために、「そろそろ来る頃だと思った」と、つまみを用意していたこともあったと聞くと、本当に料理が好きなんだなって思います。

でも、よく考えると、仕事でも歌って踊りながらスイーツを作るライブが話題になっているなど、仕事でもお菓子を作っていますよね。それくらいお菓子作りが好きだということだと思います!きっと、休日にお菓子を作りながら、子供と一緒に作れる簡単なレシピを考えることで、気分をリフレッシュしているんでしょう。唯一食べられないバナナを使ったスイーツのレシピを発表するなど仕事に活かされているようです。ネットでは、現在50ものレシピが公開されていますが、どれも簡単で誰でも手軽に作れそうなものばかりです。

また、休日に関係なく朝起きたら半身浴をよくしているようです。だから、顔がいつ見てもスッキリしているんでしょうね。

大淵裕昭さんは、まとまった休みが取れた場合に、海外旅行に行くのも好きなようです。中でもハワイは、パンケーキが美味しくて最高だったそうです。しかも、朝は早起きをして食べに行ったとか。他にも、色々な国に行った時に、地元のスーパーで調理器具や調味料などを買い込むのが好きだと発言していたので、きっと各国料理を自宅のキッチンで作ることもあるんでしょうね。

食べ歩きも好きだということなので、フラッと休日や仕事の合間に気になるお店をチェックして食べに行ったりしているみたいです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です