大淵裕昭の尊敬している人物は?

大淵裕昭さんは、高校を卒業してパティシエとして働いていた時に、俳優になる夢を捨てきれずにオーディションを受けて見事合格。仕事を辞めることになった時に先輩から「芸能界も厳しいところだろうけど、へこたれるな」と言ってもらったそうです。現在でもその先輩の言葉が大淵裕昭さんの支えになっているそうです。尊敬できる存在がいることで、大淵裕昭さんは常に成長を遂げているようです。

尊敬という言葉は使っていませんが、母子家庭で育ててくれたお母さんの存在は、大淵裕昭さんの人生の中でかなり大きいものとなっています。そもそも、製菓学校に通うきっかけとなったのもお母さんが「お菓子作りはちゃんと勉強しないと」と言っていたことと、お母さんとのお菓子作りによるものです。苦労しているお母さんの姿を見て育った優しい人なんだなと、大淵裕昭さんを見ていると伝わってきますよね。

また、人に喜んでもらいたいという優しいサービス精神もお母さんの躾や教育がしっかりしているからですよね。イケメンでスイーツ王子だと嫌味な感じになりそうですが、全く嫌味に感じさせない自然体な感じは、母親を尊敬できないと成立しません。ライブには毎回お母さんが来てくれるなど、若くして親孝行ができるなんて中々できることではありませんよね。

大淵裕昭さんの尊敬している1人に、男性の俳優さんがいます。芸能界に入る前から尊敬していたそうです。そんな尊敬する俳優さんが、座長を務めていた2012年の舞台でにすでに、一緒に仕事をしています。尊敬する人と一緒の舞台に立てるなんて大淵裕昭さんは、幸せ者だと思いませんか。他にも、有名なバンドの方など影響を受けている人は多いようです。

大淵裕昭さんは、芸能界で挫けそうになっても、尊敬できる芸能界の先輩に会う機会に恵まれると、もっと頑張ろうという気持ちになれるとブログなどで熱く語っていらっしゃいました。

大淵裕昭さんは、よくライブでファンの笑顔を見るだけでも、勉強させられることがあると尊敬の念を抱いています。作り笑いではなく、心の底から笑ってくれているファンを見ると、謙虚に頑張ろう、もっと成長したいという思いが高まるようです。笑っている女性の表情が好きだと言っている大淵裕昭さんらしいエピソードですね。

大淵裕昭さんの素直に尊敬できる存在を認め、頑張る姿は多くのスイーツ女子や主婦を虜にしてしまいます。これからどんな役を演じたり、スイーツのレシピを考案してくれるのかとても楽しみな存在ですね。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です